offset

「品質と納期の安心」を提供するため、弊社では小森コーポレーションの菊全判4色機リスロンS40導入と合わせ、同機にウエブテック製インライン品質検査装置「PIS2500」を設置いたしました。インライン検査機によりピンホール、色ムラ、地汚れ等を自動検知。CIP4対応でハイグレードな印刷が可能です。





インライン検査機とは
komori インライン検査機とは、印刷面を印刷と同時に検査を行う装置です。印刷面の欠陥の多くは、
 @ピンホール
 Aインキ飛び
 B地汚れ
 C水ダレ
 D色ムラ
です。これらの多くは1枚から数10枚で消えてしまうものもあり、通常抜き取り検査では発見されない場合が多く、トラブルの最大の原因となっています。また人間による検査の場合は、体調や技量の差によっても品質にバラつきがでます。弊社が採用したウエブテック社製「PIS2500」検査装置では、印刷面の欠陥を印刷を行うのと同時に検査を行い、常にOKシートと同じ品質の印刷を行います。また、印刷と同時に検査を行うことで納期も従来と変わりなく、コスト・納期においても”任せて安心の印刷技術”となります。

【検出結果例】
ピンホール
@ピンホール
インキ飛び
Aインキ飛び
地汚れ
B地汚れ
水ダレ
C水ダレ
色ムラ
D色ムラ


offset

リスロンS40+PIS2500camera
  1. CTPからデータを読み取ることで印刷物の色濃度を自動調整します。(PS版面上にカラーパッチを弊社で設定します。CIP4対応) その後オペレーターが色見本と比較し微調整後、OKシートが決まります。

  2. OKシートをそのまま検査機に読み取らせます。
  3. 印刷スタート!
  4. 印刷と同時にインライン検査開始。
  5. ピンホールや色ムラなどの欠陥が発生した場合、信号音と共に印刷シートに合紙が入りオペレーターに知らせます。
  6. さらに検査機の操作パネルに、どの位置にどのような欠陥が発生したかが表示され良品と区別されます。
  7. 印刷終了=良品のみの印刷の出来上がり。
  8. だから「短納期」「低コスト」で任せて安心・信頼の印刷技術で従来までの心配を一挙に解決です。

uv_offset

offset

emboss

ケズリかすが出ないスクラッチ印刷

弊社運営通販サイト

ctp

iso

privacymark

 



東亜印刷株式会社 〒537-0024 大阪市東成区東小橋1-16-26

 

 

経営革新


06-6974-0515

 メールでのお問合わせはこちらまで