コラム

 印刷テクニカルコラム バックナンバー
  第01回 2008.10.30 ・印刷の種類について
第02回 2008.12.01 ・4原色(色の表現方法)
第03回 2009.01.15 ・工程(印刷物ができるまで)
第04回 2009.03.03 ・後加工1(表面加工)



第4回〜後加工1(表面加工)〜

 

印刷した後の加工には印刷物の用途によって多種多様な加工があります。

今回は後加工の1つとして主な表面加工を取り上げます。

 

  1. ビニール引き
  2. プレスコート(PC)
  3. PP貼り


 

@ビニール引き
詳細

 

[1]

ビニール引きは、紙の表面に光沢のあるビニール樹脂を塗る加工方法の事です。
キズ、汚れに強く比較的安価なのでラベル、トランプ、パッケージなど幅広い用途に使用できます。


[2]

加工方法として印刷面にビニール引き用の塗料を塗布機によりローラー塗布し、乾燥機を通過して紙に定着させ光沢を出します。

 

[3]

ビニール引きには塗料の種類を変えることで印刷面を艶消しにさせるマットビニール引きがあります。印刷面の光沢を抑え、落ち着きのあるマット調に仕上げることができます。
その他に耐油・耐熱・耐水などの用途に合わせて様々なタイプが有ります。

 

 



▲このページのトップへ

 


Aプレスコート
詳細  

[1]

印刷面に溶剤を塗った後、熱と圧力によってステンレス鏡面板に圧着する加工で、平滑性や光沢を出すのがプレスコート加工です。ビニール引きに比べて若干高価ではありますがPP貼加工に比べてローコストで、リサイクル特性にも優れています。

[2]

コーティング面を美しくするプレスコートは印刷面に強い光沢を与え、印刷面を十分に保護しますので、主にパッケージや本の表紙などに使用されます。

 

[3]

プレスにはエンドレスプレスと、より光沢の出る平プレスとの2通りがありますが、現在では加工の手間が少ないエンドレスプレスの方が主流となっています。

 


 

 

 

▲このページのトップへ

 


BPP貼り
詳細  

[1]

プラスチックフィルムを印刷物の表面に熱で圧着し、貼り合わせるコーティング加工です。近年では環境問題からポリプロピレンフイルム(PPフィルム)を使用しています。雑誌・カタログの表紙や高価な箱などで使用される場合が多く、プレスコートより高価ですが表面の保護や強い光沢感に優れています。

 

[2]

フィルムに接着剤を塗布し、赤外線ヒーターで接着剤の中の溶剤を蒸発させてから印刷物に重ねて熱圧着します。

 

[3]

また、艶のある普通のPPフィルムと艶の無いマットPPフィルムの2種類があります。マットPPフィルムは、普通のPPフィルムの表面を「でこぼこ」にエンボス加工をしたものです。マットビニールよりさらに落ち着きがあり、高級感のある仕上がりになります。

 

 

 

▲このページのトップへ

 

 

 

uv_offset

offset

emboss

ケズリかすが出ないスクラッチ印刷

弊社運営通販サイト

ctp

iso

privacymark

 



【経営革新計画承認】
弊社は大阪府より経営革新に関する計画について「印刷の高付加価値化」により承認されました。


【育児休業への取り組み】
従業員が育児休業を取得しやすい職場環境作りのための取組みを行い、育児休業を積極的に取得する事を推進しています。



東亜印刷株式会社 〒537-0024 大阪市東成区東小橋1-16-26

06-6974-0515

 メールでのお問合わせはこちらまで